アクセスカウンタ

Green's Garden

プロフィール

ブログ名
Green's Garden
ブログ紹介
長い間、植物を育ててきましたが2005年くらいから、バラに熱中!いまや庭はバラでいっぱいです。そんな私がこのブログの中で皆さんと、バラや他の花達の魅力を楽しめれば素敵だなと思っています。
ブログではコメント、メッセージを受け付けていません。
インスタグラムの方にコメントをお願いします。
私のインスタグラムのアドレスはこちらです♪
https://www.instagram.com/midorose30/

我が家のYouTube 「2010 バラに囲まれた家」
https://www.youtube.com/watch?v=ZE2n-ysRNGM

Green's Gardenのホームページはこちらです♪
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mbara

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
漂白アナベルのリース
漂白アナベルのリース Hydrangea arborescens 'Annabelle' 漂白して作った白のドライフラワーのアナベルと、緑色のドライフラワーのアナベルを一緒にリースにしてみました。 100均のリース台を使って 同じ100均の造花を2本入れてみました。 写真だと質感が分かりませんが、7月18日に投稿したドライフラワーで作っているのですからフワフワで軽くて、ドアの開け閉めでも花びらが揺れて、実物はとっても可愛いです。 去年は白だけで作ったのですが、フォロワーさんが緑と白のを作っていたので、真似しま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/21 12:23
ザ・ダークレディ
ザ・ダークレディ The Dark Lady 大人っぽい赤色のイングリッシュローズです。 育てて10年近くなりますが、最初の頃は写真のような こんなに素晴らしい姿になるとは想像もできませんでした。 いつまでも弱々しいバラで、咲くのも10輪程度でした。 元気に沢山咲くようになったのは、3年前くらいです。 去年も良く咲きましたが、今年は更に花数が増えました。 今まで何が気に入らなかったか分かりませんが、香りも良く美しい このバラを諦めきれず、気長に育てて本当に良かったと思っています。 花が重すぎて倒れて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/20 12:20
ジュビリーセレブレーション バラ
ジュビリーセレブレーション バラ Jubilee Celebration サーモンピンクの美しいイングリッシュローズです。 香りが良く、良く咲き、育てやすい そして写真映えもします。 一輪咲いているのを見つけると、幸せ気分になれる素敵なバラです💐 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/19 15:36
アナベルの漂白
アナベルの漂白 Annabelle bleaching 今年もアナベルの漂白を作り始めました。 アナベルが緑色になって花びらが厚くなったら、ドライフラワーにします。 去年は吊るしたり、車内で乾燥させたりしましたが、今年はテレビの後ろに写真のように飾ったまま乾燥させました。 この場所は、上にクーラーもあるので、乾燥が早く色も綺麗に出来上がります。 写真の緑色のアナベルは、完全に乾燥した状態です。 アナベルをバケツに入れ、キッチンハイターを入れた液に漬け込みます。 塩素が蒸発すると書いてあったので、袋... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/18 15:33
モンクゥール
モンクゥール Mon Coeur 外弁は淡いピンク、中心は濃いピンクでカップ咲きの可愛いバラですが、写真のように開ききっても まん丸で可愛い。 四季咲き性もあって、黒点病にも暑さにも強いバラです。 モンクゥールはフランス語で「愛しい人」という意味だそうですが、本当に愛おしいバラです。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/17 12:16
アキレアノブレッサ
アキレアノブレッサ Achillea ptarmica fl.pl. 'Noblessa' ノコギリソウの一種で、可愛い完璧なポンポン咲きです。 2枚目の写真を見て頂くと、花の小ささがわかると思います。 1cm位の小さな花なのですが、垂れ下がって咲く姿と 宿根で その上に増しやすいので気に入っています。 友人から貰った一苗が ここまで増えました。 この暑い時期に咲くというのも有り難いですね。 道路側のこの場所はクリスマスローズ→フロックス→春バラ→アナベル→アキレアノブレッサ→秋バラ という順序で道行... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/16 12:14
マチルダ
マチルダ Matilda 咲き始めが美しいマチルダですが、開いてピンクと白が混じり合う時も、可愛いですね。 とても多花で次々に咲き、丈夫で育てやすいバラです。 後ろに写っているのは、スタンダード仕立てのシスターエリザベスです。 シスターエリザベスも始終 咲くバラで、病気に強いと思います。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/15 12:11
バラの底面潅水
バラの底面潅水 暑い日が続き、鉢でバラを栽培していると、水遣りが大変だと思います。 一度 水枯れさせてグッタリしてしまうと、体力がなくなるのか黒点病が出やすくなります。 昔、ベランダで鉢植えで育てていた頃は大きな鉢皿に水を入れて その上にバラ鉢を置いていました。 水の中にソフトシリカやミリオンなどの根腐れ防止になる物を入れておけば大丈夫です。 ずっと前にベランダでバラを鉢植えで育てていた時の古い写真を見つけました。 この写真を見て分かる通り 容器はなんでも良いのです。 深さも最大でこの容器いっぱいく... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/14 13:43
ナエマ バラ
ナエマ バラ Nahema 薄い上品なピンク色と、柔らかな花びらが美しいバラです。 香りも素晴らしくて、完成度の高いバラだと思います。 長く伸びた枝の先に咲いてしまうのが欠点ですが、いつも短く切ることを心がけていれば大丈夫です。 うちに10年ほどありますが、このバラを見て 香りを嗅ぐことが、バラシーズンの楽しみです。 毎日 暑いですが、庭に出て蕾を取りながら カミキリムシの木屑探し、夕方の葉水だけは頑張って続けています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/13 13:32
千鳥草
千鳥草 千鳥草 Larkspur コティヨン Cotillion バラが終わっても頑張っていた千鳥草、オルラヤなども種が出来たので苗を抜きました。 デルフィニウムなども、次々と抜いて 少しづつ庭に空間を作っています。 特にバラの周りはスッキリさせて、根元を見えるようにしておかないとカミキリムシの被害を早く見つける事が出来ません。 根元に木屑を見つけたら、カミキリムシの幼虫がいる筈です。 気をつけてくださいね。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/12 13:29
ディスタントドラムス
ディスタントドラムス Distant Drums 淡い茶系のアプリコットベージュ色からラベンダーピンク色へのグラデーションが美しい個性的なバラです。 写真が趣味の友人が撮ったのは、我が家のディスタントドラムスの後ろ姿です。 私だったら絶対に撮らない写真を見て、バラの写真の新しい魅力を知りました。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/11 11:25
プロスペリティ
プロスペリティ Prosperity 半つる性 シュラブ樹形のバラですが、大きなツルバラとして使えて、秋にもよく咲きます。 写真は春のものですが秋の方が一花の美しさは増します。 前にも書きましたが プロスペリティを秋に咲かせるには、早めに秋剪定をする事と、全ての枝にハサミを入れる事が大切です。 東京郊外で日陰に植えている我が家では、8月20日までに秋剪定します。 もっと早く剪定しないと咲かないバラもあって、うちにはないバラですが、ローズドゥグランヴィルは8月のお盆の前からお盆明けに剪定しないと咲けな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/10 11:22
カーディナルフューム
カーディナルフューム Cardinal Hume 黒っぽい赤色の大人っぽいバラです。 繰り返し咲きですが、うちでは秋に咲きません。 秋に咲かないバラに、こんな良い場所を使うのは勿体ないと先輩に言われて移植しました。 新しい場所は半日陰ですが、とても元気で来春には素晴らしい景観を作ってくれそうです。 移植って あまり好きではないのですが、今回は成功したと思います。 コガネムシの幼虫に根を食べられると大変なので、オルトランDX粒剤を撒きました。 DXがつかない普通のオルトラン粒剤には、コガネムシへの効果はあ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/09 11:20
ピエールドゥロンサール
ピエールドゥロンサール Pierre de Ronsard 美しく丈夫な、大人気のツルバラです。 四季咲きバラばかりの我が家で、希少な一季咲きです。 このバラだけは、春だけ楽しめれば良いと思っていますが、今の時期も結構 咲いてくれます。 暑いので開き出すと すぐに切って 涼しい部屋で楽しんでいます。 この写真のような美しさはありませんが、今の時期のバラも小さくて可愛いです。 友人が撮った写真のピエールは、雨粒をつけて輝いて見えます。 大きな災害が起こって、不安な気持ちの朝ですが、どうかこれ以上 被害が増え... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/08 12:32
ニューウエーブ バラ
ニューウエーブ バラ New Wave 淡いパープルの透き通るような美しさを、友人が撮ってくれました。 咲き始めが美しいバラは多いですが、ニューウェーブは蕾から ずうっと最後まで美しいバラです。 この写真は咲き終わる頃のニューウェーブですが、フワフワの花びらはシミが出ても美しいです。 早く雨がやんで、こんな日差しが日本中に降り注ぎますように。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/07 12:30
エバンタイユドール
エバンタイユドール Eventail d’or 2009年 河本純子さん作出のバラです。 茶色が入った黄金色で、ふんわりした優しい花姿です。 とても美しいバラですが、強健揃いの我が家のバラの中では、最も黒点病に弱いバラです。 この時期になると毎年、このバラは うちに必要なのか?と迷いだします。 黒点病の発生源になってしまうからです。 でも この姿 そして葉が全部落ちてしまっても咲き続けるので、見捨てる事が出来ません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/06 12:28
クチュールローズチリア
クチュールローズチリア Couture Rose Tilia 薄紫色の花びらに切り込みが入ったような変わった花型ですが、奇抜ではなくナチュラルで上品さもあるバラです。 この写真を見ると、気品があるなぁと思います。 後ろに写っている赤バラはダークレディです。 私は早朝の日が当たっていない時に写真を撮りますが、この写真を撮ってくれた友人はガンガン照りでも綺麗に撮ってくれます。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/05 12:26
桜貝 バラ
桜貝 バラ Sakuragai グレーがかったピンク色の多花で、強健なバラです。 写真のように開ききってしまうと、一輪の美しさはそれほどないバラですが、遠目で見ると 集団の美というか、迫力があります。 この場所は雨が当たらず、日当たりも良いので とても長く咲いています。 ピンク色の秋にも沢山咲くツルバラがないので、このバラをツルバラのように使おうと思って、隣に小さな芽接ぎ苗を2本植えてあります。 大きくなってくれるのが楽しみです。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/04 12:24
アイズフォーユー
アイズフォーユー Eyes for You 花びらの中心が赤から紫に変化していきます。 一花づつが違う表情のバラで、蕾はクリーム色。 とても魅力的で香りもあり、育てやすさもあるバラです。 この美しさを絵や 昨日 紹介したようなバラの小物に題材として使って欲しいですが、見た人はバラとは思わないでしょうね。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/03 12:21
薔薇の小物
薔薇の小物 バラを育てていると、服や小物に薔薇模様が増えていきます。 ミンネや メルカリ で目につくと買いたい病が出てしまいます。 最近 買って 本当に良かったと気に入っているのが、この写真の2点。 どちらも素晴らしい出来で、薔薇の花柄には煩い私も納得の作品です。 スマホケースは @hanayuki_flower さん の作品です。 沢山の素敵な花模様のスマホケースがあって、この薔薇模様もピンクとか もっと落ち着いた色とか、手帳型でないのとか、いっぱいありました。 散々悩んでパープルの手帳型にし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/02 14:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

Green's Garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる