テーマ:ガーデン

ブルーガーデン

今の庭はブルーが多く、プルモナリアや忘れな草が頑張っています。 この時期の庭をボーッと眺めているのが好きなので 飽きる事なく家にこもっていますが 皆さん本当に大変そうですね。 在宅での仕事もやってみると孤独感でいっぱいという 一人暮らしの方の投稿を読んで、本当にそうだろうなぁと思いました。 少しでも私の花の写真で、癒しに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪華に咲いたチャールズレニマッキントッシュ

チャールズレニーマッキントッシュ Charles Rennie Mackintosh 1988年イギリス David Austin作出のバラです。 ライラックピンク色で四季咲き性の強い 可愛い花です。 朝晩の寒さのせいか 豪華にシックに咲いています。 2019年11月5日撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしい香りのナエマ

ナエマ Nahema 1991年フランス Georges Delbard作出のバラです。 薄い上品なピンク色と、柔らかな花びらが美しく、香りも素晴しいバラです。 長く伸びた枝の先に咲いてしまうのが欠点で、ツル仕立てだとパラパラと咲く感じなので、4年前にバッサリ切りました。 うちにあるバラの中で、私はナエマの香りが一番好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優し気なコティヨン

コティヨン Cotillion 1999年 アメリカ Dr. Keith W. Zary作出のバラです。 香りは中香ですが、四季咲き性が良く 秋も良く咲きます。 優しい雰囲気のピンク色の花びらが美しく、咲き始めはピンクの濃淡で咲き出します。 咲き始めの写真が多いですが、この写真は開ききったコティヨンです。 開いた姿も優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝が思うようにならないオデュッセイア

オデュッセイア Odysseia 2013年に木村卓功さんが作出したバラです。 大人っぽい赤色が素敵で、秋も良く咲いて 病気にも強い品種です。 元気が良すぎて 伸び過ぎる傾向があり、枝も硬いので オベリスクに巻くのは大変です。 バラが伸びるのは気候のせいかと思っていましたが、バラを強くしようと品種改良をすると伸びるバラに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シスターエリザベス 薔薇

シスターエリザベス Sister Elizabeth 2006年 イギリス David Austin作出のバラです。 香りも良く、四季咲き性もあります。 小さめのバラで 弓なりに枝が広がります。 枝が細くうな垂れて咲くので、アレンジなどに使うのは難しいですが、とても可愛いバラです。 昨日 投稿した写真のシスターエリザベス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みやこ 薔薇

みやこ Miyako 2007年に日本のRose Farm Keijiが作出したバラです。 香りは微香ですが、このコロコロした可愛さが愛らしいバラで、切り花としても人気があります。 花数が多いことと、一輪の花が長持ちするので、長く楽しめます。 秋の方が綺麗なバラですが、春も可愛いです。 2019年5月撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャルム 薔薇

シャルム Charme 2017年に河本純子さんが作出したバラです。 ラベンダーがかったピンク色のバラで甘い香りが魅力的です。 河本純子さんのバラは美しさ重視という感じで、敬遠していた時期もありましたが 最近 我が家で増えつつあります。 シャルムは耐病性 耐暑性もあると思います。 2019年5月撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リベルラ 薔薇

リベルラ Libelulla 日本の今井ナーセリーが2016年に作出したバラです。 ライラック色のフリルがたっぷりのバラで、香りは中香ですが、四季咲き性が良く 暑さにも強いと思います。 写真を見るたびにニューウェーブに似ていると思いますが、実際に見ると見分けはハッキリとつきます。 ふわふわ感が違うんです。 リベルラの花びら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more