アクセスカウンタ

<<  2018年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ピッコロ バラ
ピッコロ バラ piccolo ピッコロを「国際バラとガーデニングショウ」の鉢植え部門コンテストに出品した時の古い写真(2011年5月)が出てきました。 西武ドームの会場に設置してから、記念に撮った写真なので、私が少し映りこんでいます。 見苦しいですが、大きさの目安にしてください。 一緒に映っている他のバラは私のではありません。 審査前なので、名前はシールで隠されています。 このピッコロのような仕立て方をスタンダード仕立てと言います。 下の一本の棒がノバラの枝で、その先にピッコロを芽接ぎしてありま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/30 14:39
ヘレン バラ
ヘレン バラ Helen 2016年に木村卓功さんが作出したバラです。 丈夫で良く咲くうえに、美しく切り花にもなる優れものです。 半つる性なので、どんな風に育てようかと楽しみにしています。 秋の花枝はやや長めなので、秋剪定は早めにした方が良いそうです。 関東以西なら8月下旬が良いと木村さんが書いています。 これを参考に日陰植えの人は少し早めで、あとは天候をみながら日にちを決めると良いですよ。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/28 10:53
北側で咲くバラ
北側で咲くバラ 我が家の裏側です。 北側なのですが、道路の反対側が駐車場なので、明るい日陰になります。 この場所で ここまでバラが咲くとは考えもしませんでした。 秋バラの数は少な目になりますが、春バラは日当たりよりも 綺麗に咲くような気がします。 1日に3時間以上日が当たる場所が良いとバラの本に書いてありますが、日差しが強くなっているからか、明るい日陰なら直接 日が当たらなくてもバラは咲くようです。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/27 10:51
パウルクレー バラ
パウルクレー バラ Paul Klee オレンジピンクのバラですが、気温が低くなるとピンクに、気温が高くなるとオレンジに変わって、季節によって違う表情を見せてくれます。蕾はいつも濃いオレンジです。 東京の春が暑いせいか、咲き進んだ色がオレンジっぽい くすんだ色になって、うちのピンクや赤のバラと合わなくなりました。 庭の写真を撮っても、意識的にこのバラを入れずに撮っているし、バラ友にもあっていないと言われていました。 そこで花が終わると同時に思い切って 裏の白バラに囲まれた場所に移動しました。 日陰とはいえ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/26 10:49
メアリーマグダレン バラ
メアリーマグダレン バラ Mary Magdalene イングリッシュローズらしい美しさのバラです。 咲き始めはアプリコットが強く、咲き進むと色が薄くなります。 この開きかけの色が大好きです。 花もちはあまり良くありませんが、とても良く咲いて もちろん秋も咲き、香りも強香です。 ついつい咲かせすぎて、苗がなかなか大きくなりません。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/25 10:45
エウリディーチェ バラ
エウリディーチェ バラ Euridice 花弁先がつんと尖がる波状弁咲きで、可愛く良く咲くバラです。 育てやすさ、耐病性などは、ほぼシェエラザードと同じということなので、大きくなって秋にどのくらい咲くのか楽しみです。 切バラとしても花持ちが良いそうですが、東京の5月の暑さの中でも頑張って長く咲いてくれました。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/24 10:43
ホワイトメイディランド
ホワイトメイディランド White Meidiland クリームがかったホワイトに、フリルがかる花びらがいっぱいのバラです。 葉は照り葉なので病気にも強く、四季咲きで春から秋までは繰り返し何度も花を咲かせます。 写真は2枝ですが、花嫁さんのブーケのような咲き方で、豪華な感じがします。 花びらがギッシリなので、気温が高くなると蒸れて茶色になってしまいます。 秋剪定を遅らせると、クリスマスに切り花として使えます。 ツルバラとしても利用出来て、我が家では2枚目の写真のように誘引しています。 2018年5月撮影 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/23 13:43
チャールズレニマッキントッシュ バラ
チャールズレニマッキントッシュ バラ Charles Rennie Mackintosh ライラックピンク色のカップ咲きのバラです。 次々に良く咲くバラで、細い枝にも花を咲かせます。 枝が細いので、どうしても花が重くなるとうなだれて咲く事になります。 高い位置から咲かせた方が綺麗なバラです。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/22 13:37
YouTube動画を作りました。
YouTube動画を作りました。 5月のバラ満開時の写真です。 春のバラシーズンが終わると、沢山の写真を整理して毎年フォトブックを作っています。 そして整理した写真の一部を、今年もYouTubeにアップしました。 タイトルは 2018 バラに囲まれた家 です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/21 10:16
真夜 バラ
真夜 バラ Mayo 紫がかった黒赤色の大人っぽいバラで、濃厚な香りもあります。 強い日差しに弱く、花びらがチリチリに焦げてしまいます。 日陰に移植して、やっとこういう写真が撮れるようになりました。 バラも適材適所ですね。 昨日 私が書いたシュートの処理など、この時期のバラの手入れを 明日 木曜日の午後12時30分からNHKの趣味の園芸で放送します。 興味ある方は予約録画してくださいね。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/20 10:12
ローズポンパドール バラ
ローズポンパドール バラ Rose Pompadour 香りが素晴らしく、花も葉も美しいバラです。 昨日 投稿したクロードモネと一緒に 今年の2月に購入したのですが、写真のように景観を作って咲いてくれました。 うちではツルバラとして育てるつもりです。 今は2本のシュートをまっすぐに伸ばしています。 ツルバラ以外はシュートはピンチして、シュート花は絶対に咲かせないようにしていますが、ツルバラのシュートは支柱を立ててまっすぐに伸びる手伝いをしてやります。 冬剪定で誘引するまで、台風がきても ひたすら上に伸ばします... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/19 10:10
クロードモネ バラ
クロードモネ バラ Claude Monet フランスのデルバールが2012年に作出したバラです。 絞りのバラで、この色合いで ロゼット咲き。 Instagramで他の方の投稿を見るたびに気になって、今冬に手に入れました。 あまり大きくならないなぁと思っていましたが、コンパクトに育つタイプのバラみたいですね。 もっと綺麗に沢山咲くようになるのが楽しみです! 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/18 10:07
シャルム バラ
シャルム バラ Charme 2017年 河本純子さん作出の新しいバラです。 ラベンダーがかったピンク色のバラで甘い香りが魅力的です。 河本純子さんのバラは美しさ重視という感じですが、シャルムは耐病性も耐暑性もあるようです。 四季咲き性も良いらしいので、秋花が楽しみです。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/17 10:00
レッドピノキオ
レッドピノキオ Red Pinocchio ちょっと目立ち過ぎる赤色のバラです。 四季咲き性が強く、花もちがとても良いのですが、色がきつすぎると思う時もあります。 でも この写真のように、白やピンクのバラと一緒だと、綺麗に見えますよね。 一緒に写っているのは、アイスバーグ、ペルディータ、シェエラザード、シスターエリザベスです。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/16 09:58
プロスペリティ
プロスペリティ Prosperity 春は一苗でこれだけ咲いて、更に秋にも沢山の花を咲かせる白のツルバラです。 (正確にはツルバラではなく、半つる性 シュラブ樹形のバラです) うどん粉病が出やすいですが香りもあって、秋遅くに咲く花はとても美しいです。 プロスペリティを秋に咲かせるには、早めに秋剪定をする事と、全ての枝にハサミを入れる事が大切です。 東京郊外で日陰に植えている我が家では、8月20日までに秋剪定します。 私は本などにツルバラの剪定で書かれている「古枝の小枝は2芽残して切る」という剪定方法... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/15 09:55
アンブリッジローズ
アンブリッジローズ Ambridge Rose 丈夫さと可愛さで大人気のイングリッシュローズです。 でも うちのアンブリッジは 枝が伸びてしまうばかりで調子が悪く、ついに今年の冬剪定で思い切り短く切ってみました。 短く切ると調子が悪くなるバラだと聞いていて、心配していましたが大成功だったようです。 地植えで根がシッカリ張っている場合は、思い切り短くして仕立て直してみるのも一つの方法ですよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/14 16:27
桜貝 バラ
桜貝 バラ Sakuragai グレーがかったピンク色のバラですが、咲き始めは透き通るようなピンク色です。 多花性のバラで、咲き始めも写真のように元気いっぱい、花いっぱいです。 見ていると清々しさを感じます。 香りは微香ですが、強健で秋も良く咲くバラです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/13 16:24
アジサイ ヘイズスターバースト
アジサイ ヘイズスターバースト ヘイズスターバースト Hydrangea arborescens 'Hayes Starburst' 別名 ダブルアナベル と言われている品種です。 細やかな花弁が重なり密集して咲き、アナベルと同じで淡いグリ ーンから白に変化し再びグリーンに変わります。 剪定もアナベルと同じで1月までに地際で切っても花が咲きます。 写真のように、周りから線香花火のように咲いていきます。 普通のアナベルより花首が細く、花の重さで垂れ下がってしまいますが、とても美しい紫陽花です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/12 16:22
スカビオサ エースオブスペード
スカビオサ エースオブスペード スカビオサ エースオブスペード Scabiosa atropurpurea 'Ace of Spades' 黒に近い暗紫色で、とても目を引く おしゃれな花色です。 蕾の雰囲気も可愛いし、花もちがよく多花で秋遅くまで咲くそうです。 1枚目の写真は6月5日撮影で、2枚目の写真は昨日 撮ったものです。 雨が降ったのに、なんとか耐えてくれました。 今年 初めて育てているのですが、今のところ大満足です。 秋バラのシーズンも咲いていたら最高ですね! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/11 16:19
レイニーブルー
レイニーブルー Rainy Blue 藤色の美しいツルバラです。 青バラだから こんなに目立つ美しさなのかと思っていましたが、京成バラ園の文章の中に、なぜ こんなに美しいのかという疑問への答えとして、 「あまりにも小さくて可愛い葉」と「とても、か細い花首」ではないかと書いてありました。小さい葉が、花の存在を大きく浮き立たせ、か細くうな垂れる花首が、花のシャワーを演出しているというのです。 確かにそうかもしれません。花型も色も素晴らしいですが、降るように咲く姿は本当に素晴らしいです。 今、うちのレイニー... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/10 12:58
ヤングリシダス
ヤングリシダス Young Lycidas David Austin 2008年作出のバラです。 深いマジェンタ・ピンクと赤の2色咲きで、花は優雅にうつむき加減に咲き とても美しい品種です。 四季咲き性も強く、香りもあって、病気にも強い 優秀なバラですが、暑さには弱いと思います。 気温が高いと葉が丸まってしまいます。 もっと人気が出ても良いバラだと思っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/09 12:55
リベルラが咲き進んで
リベルラが咲き進んで Libellula リベルラが咲き進んだ写真です。 白っぽくなりますが、フワフワで花もちも良いバラです。 2月に購入したばかりの小苗のせいか、花は小さ目です。 梅雨に入って雨が続いてくると、水分をタップリ吸収してバラは元気になってきます。 シュートが伸びる時期なので、水分は大切です。 お礼肥えにパラパラ撒いた化成肥料も雨で溶けてくれます。 この時期の雨は有り難いですが、雨は葉水と違って下からは降りません。 葉裏のハダニは活動してきますから注意が必要です。 2018年5月撮影 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/07 12:53
リベルラ
リベルラ Libellula ニューウェーブに似ていますが、今井ナーサリーから2016年に作出された新しいバラです。 ライラック色から淡いシルバーにかわる大人っぽい色で、姿は写真のようにフワフワです。 2月に購入したばかりの苗なのですが、花つきも花もちも良いようです。 ギラギラの日差しに強いところが一番気に入っています。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/06 12:39
シェエラザード
シェエラザード Sheherazad 様々な咲き方を見せる魅力的なバラです。 花びらの裏側に白が強く出る時と、写真のように紫がかった濃いピンク一色で咲く時もあります。 強健で耐暑性も強いのが、特に気に入っています。 前にも書きましたが、このカーネーションのような咲き方は「波状弁咲き」と呼ばれています。花弁が波打って重なる咲き方で、正確には「はじょうべん」でしょうが、通常は「なみじょうべん」と呼びます。 ラマリエ、ニューウェーブ、リベルラなど、波状弁咲きが私の家で増えています。 豪華で女性らしく素敵な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/05 12:36
花ぼんぼり
花ぼんぼり Hanabonbori 日本で作出されたバラで、優しい雰囲気のバラです。 強健揃いの我が家の中では、それほど強いバラとは思っていませんが、ネットの紹介などでは花もちも良く耐病性もあると書かれています。 うちのように庭中にバラが植わっているとバラにとっての処女地という場所がなく、バラを抜いて次のバラを植えるということを繰り返すことになります。 農作物と同じで連作障害が起きている可能性もあります。 土壌改良の為にカニガラや馬糞堆肥など色々な物を投入していますが、前に植わっていたバラが元気す... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/04 12:34
あおい バラ
あおい バラ Aoi 育てやすく、秋も良く咲くバラだと友人達の評判が高いので、今年の2月に購入しました。 今春 早速 落ちついた深みのある色の花を咲かせてくれました。 秋は更に綺麗だというので、とても楽しみにしています。 まだ小さな苗なのに房咲きのブーケのような咲き方をしたのには驚きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/03 12:32
マダムフィガロ
マダムフィガロ Madame Figaro フランスのデルバール社のバラです。 花びらが薄くて、日差しが強いとクシャクシャになりますが、翌朝には美しさを取り戻します。 病気にも強い方だと思いますが、遅咲きなので東京では暑さと雨に傷めつけられてしまいます。 もう何年も秋の方が綺麗に咲いています。 2018年5月撮影 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/02 12:29
ワイルドブルーヨンダー
ワイルドブルーヨンダー Wild Blue Yonder フワフワと波うったフリル咲きの赤紫色のバラです。 咲き進みながら、色が変化していきます。 花もちが良いので、様々な色のバラが咲いているような感じになります。 とても素敵なバラですが、ナエマと同じように長く伸びた枝の先に咲くタイプのバラです。 高い所で咲いてしまうので、いつも勿体ないなぁと思います。 でも友人が短く切ったら調子が悪くなったというので、切る決心がつきません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/01 12:26

<<  2018年6月のブログ記事  >> 

トップへ

Green's Garden 2018年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる