Green's Garden

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋のバラシーズンに向けて

<<   作成日時 : 2015/09/29 11:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像秋バラの蕾が沢山出てきました♪
葉を取ってしまった我が家のバラですが、今では新葉が出て綺麗になってきました。葉フェチの私としては、庭を見てはウットリの毎日です。でも憎い虫が多くて、毎日目を皿のようにして見回っているのに、どんどん食害されていきます。昨日はついにアファームを撒きました。黒点病が再発するのを防ぐためにサプロールも一緒に撒きました。今朝、見回ってみると沢山の虫が葉にぶらさった状態で死んでいました。以前にもアファームを使ったことはありますが、こんなに効いた気がしたのは初めてです。昨日 封をあけた新品ですから、効き目が良かったのかもしれません。やっぱり薬を撒いた方が良いのか・・・と考えてしまうほどでした。秋バラが咲きだす前に、もう一度撒いておこうと思っています。
一季咲きのピエールドロンサールや咲きっぱなしのカーディナルフュームとレイニーブルーは葉を取りませんでしたが、黒点の葉が増えて他のバラにうつりそうなので結局 葉をむしりとることになりました。
葉はソーラーパネルと一緒だと専門家が言っていて一枚でも大切だと分かっていますが、我が家は秋剪定の時に来年は一季咲きのものも葉を取ってしまうかもしれません。今年のように、黒点病がひどくならなければ もちろんそんな馬鹿なことはしませんけどね。
殺菌剤をキチンと撒いたバラ友の家は、黒点病もそれほど出ずに秋を迎えました。虫も病気も農薬を撒いて対処できると分かってはいますが、家の周囲をバラで囲んでいる我が家は散布が難しいです。道路側から撒くことになりますからね。それぞれの家にあった方法で、バラ栽培をしていけば良いのだと思っているので、たぶん来年も秋剪定は葉を取ることになりそうです。
写真はパウルクレー、ベルベティトワイライトと元気な新葉です。パウルクレーは全く 黒点病が出ずに、軽い剪定にしたので咲いています。ベルベティトワイライトは切り残した枝で咲いていました。
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

秋のバラシーズンに向けて Green's Garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる