Green's Garden

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒点病の作り方&対策

<<   作成日時 : 2006/07/31 07:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
7月9日のブログに書いた
「黒点病の緊急注意報」の先生から再度の投稿です。
先生が黒点病の薬剤を試す為に、わざと黒点病を作り出した
時の方法です。
逆に考えると、黒点病の予防法が良く分かりますね。

********
バラに黒点病を発病させるいくつかの事例です。
(1)夏の晴天に鉢植えのバラに3日くらい水を与えないで、細
い根を枯らす。
(2)つるばらの整枝をしないで、春の花を咲かせ、咲きがらを
取らないでそのまま放置して葉を繁らせておく。
(3)夏に高濃度の肥料を多量に与え、ばらの根焼けを起こさせ
る。
(4)バラを密植する。

以上、人工的にバラの黒点病の発病の方法をテストしてみま
したが、葉より発散する水分より根より吸収する水分が不足
する状態で起きております。

黒点病が発生した場合は直ちに薬剤散布を行い
(1)は水遣りをこまめにし
(2)は無駄な小枝を取り除き、咲き枝に5枚葉2〜3段残して切
り取り葉を少なくして、スッキリする。
(3)は少々厄介なことで間接的な方法ですが、薬剤等鋤きこん
で肥料分を薄める。
(4)はそのままにしておくと又、発病の恐れがありますので植
え替えて下さい。          以上N.K記

*******
画像
9日に薬剤散布等のことも書きましたが
やはり黒点病は水遣り、風通しが一番ですね。

写真は、今日の我が家のバラです。
実は友人達の影響を受けて無農薬派っぽく
なってきました。7月は10日に殺菌剤を散布しただけ。
殺虫剤もダニ剤も散布していません。
虫は手で取り、ダニは葉の裏側をバイオゴールドバイタル
で洗うようにしています。
ベランダの一部のミニバラだけ、ハダニが出やすいので
ニームを1週間に一度使用しています。
去年は定期的に薬剤散布していたので
自分でもビックリ。
マルチング、水遣りを先生の教えどおり
守っているからだと思います。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
写真大きくして見せて頂きました。さすが黄色い葉はないわ〜
朝読んで、早速剪定して周りに落ちた葉の掃除をしました。
家は殆ど地植えにしてあるので、水不足はないと思うし、、
涼しいので午後も、もうひといきがんばれそうです。

2006/07/31 13:23
今日は涼しくて、こちらでも庭仕事がはかどりました。
殆ど地植えなのですね。うちも地植えの方が多いです。
地植えにも水をやってるのよね?
マルチングをしていない場合は、2,3日に一回10リットルと
言われています。
しっかりマルチングすれば10日に一度ですって。
みどり
2006/07/31 21:45
ニームオイルを週に1回は優秀ですね。毎週、2000円位を撒いているのですね。普通の薬剤より無農薬の方が高いですね。私は苦参エキスを撒いています。
take
2006/08/01 19:55
takeさん
2000円、とんでもないですよ。
そんな お金持ちではないです。
「ベランダの一部のミニバラだけ、ハダニが出やすいので
ニームを1週間に一度使用しています。」
って書いてあるでしょ?
1リットルだから、キャップ1杯だけです。
とても全部には撒けませんよ。
もちろんニームには電動噴霧器も使いません。
みどり
2006/08/01 21:12
黒点病の作り方&対策 Green's Garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる