Green's Garden

アクセスカウンタ

zoom RSS 底面吸水

<<   作成日時 : 2006/06/29 12:42   >>

トラックバック 0 / コメント 2


明日から桂林に出かけるので
ベランダのバラ苗は、早めに鉢皿に水を
入れての 画像底面吸水に切り替えました。
梅雨が終わってからにしようと思っていたのですが
このお天気では、旅行中の水遣りが心配なので
急遽 早めました。
鉢皿に水を入れたままにするなんて
以前の私だったら、考えることも出来ませんでした。
それも暑い夏にベランダですからね。
鉢皿の水はお湯になり、植物に良い筈がないのです。
ところがなぜか この方法でハダニも少なく
夏を越せることが最近 分かってきました。
バラ会の先輩の中にも、この方法を使う人が何人かいます。
スリット鉢が特に調子が良いみたいですが
それ以外の鉢でやっている人もいるようです。
土も重要ですね。
それぞれ工夫を凝らしてブレンドしています。 画像
炭を入れたり、ゼオライト系を入れたり
皆さんの工夫で園芸も進化しているのですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
底面吸水、バラにするなんて初めて聞きました。
お湯のように熱くなるベランダでは駄目ですよね?
出来るならやってみたいなぁ・・・
桂林から帰って来たら詳しく教えてくださいね^^
めい
2006/07/01 21:02
めいさん
だから 我が家もベランダでお湯になってるの。
それでも大丈夫なのよ。不思議でしょ?
根ぐされを起こし難い土とスリット鉢
これが決めてです。
私はゴールデン粒状培養土を使って
ミリオンと同じゼオライト系の薬師って
いうのを根ぐされ防止に入れています。
楽チンよ。
みどり
2006/07/05 10:37
底面吸水 Green's Garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる